受験3年目、私は自宅浪人を選択し翌年春に医学部に合格しました。
1年間の宅浪生活を振り返ってどのように勉強してきたかなどをご紹介いたします。

筆者プロフィール
HN:雲(アラサー再受験生)
2014年前期試験 国立医学部医学科合格

はじめに

私は1年間以下のスケジュールで毎日勉強し医学部に合格しました。

月曜 数学、英文法、化学、古文
火曜 数学、英文読解、生物、現代文
水曜 数学、英文法、化学、漢文
木曜 数学、英文読解、生物、現代文
金曜 数学、英文法、化学、古文
土曜 現代文、倫理・政治経済、小論文、英作文
日曜 模試or好きな勉強

この記事では自己管理やモチベーションのほか、具体的な勉強計画の立て方、勉強の仕方、勉強する場所などを書きたいと思います。
勉強計画についてはそのまま真似できる内容ですので、真似できることはぜひ真似されてください。

自己管理について

自宅浪人をする上で多くの方の懸念事項は、自己管理が出来るかどうかだと思います。
自己管理が出来ないという理由で予備校を検討する方もいると思いますが、よほど面倒見の良い学費の高い予備校でない限り、生徒が勉強をしているかのチェックは一切してくれません。
予備校に通っても結局は自己管理が大切になります。

また、予備校の授業は4~6月、9~11月の半年間だけで、それ以外の期間はしっかりと自己管理しなくてはなりません。
私の場合は自分で勉強しないといけないという焦りから、予備校に通っていた時よりも自宅浪人の時の方が遥かに勉強しました。
私の1日のスケジュールは、図書館に行って数学の勉強をし、ファミレスに行って理科と英語とスタディサプリの授業の予習、夜は家で受験サプリを受講して寝るという生活でした。
どんなに憂鬱でもこのスケジュールをひたすら繰り返していると、気が付いたら1年が経ち、そして合格していました。

確かに周りからの拘束が無い分、自宅浪人の方が自己管理は難しいかもしれません。
私の場合は年間の勉強計画を考え、そしてそれを元に毎月の計画を立て、ある程度それ通りに勉強してきたことで自己管理が出来たと思っています。

勉強計画の立て方

自宅浪人中、私は主にスタディサプリZ会を軸にした勉強をしていました。
Z会では毎月届くカリキュラムが決まっていて、数学、化学、生物はそのカリキュラムに沿って勉強をしました。

   

※9月以降は総合問題が届きます。

このようにZ会ではその月の添削問題で届く内容が決まっています。

これを元に、例えば4月は
【【数学】図形と方程式 極限
【化学】反応熱、気体、酸塩基
【生物】遺伝情報とその発現
を完璧にすることを目標に勉強しました。

英語は特に目標を立てず、1日1講ずつスタディサプリの英文法と読解を交互に解きました。
スタディサプリについて詳しくは別の記事、スタディサプリを1年間受講してみてをご覧下さい。

その月にその分野を完璧にするべく、4月に具体的にやったことは、
【数学】極限が本当によくわかる本(細野真宏)、標準問題集の図形と方程式分野
【化学】スタディサプリの該当分野
【生物】過去にやった参考書の該当分野復習
です。

他の科目は月ごとのノルマは決めず、1日ごとのノルマを決めて勉強しました。
5月以降もZ会と同じ単元をその月に完璧にすることを目標に勉強していきます。

ただし、必ずしもZ会を受講する必要はありません。
このペースで勉強すれば6ヶ月で高校の全範囲の復習が終わるというだけです。
Z会では4月のカリキュラムを現実には6月にやっても問題ありません。
あくまで目安であり、自分の計画を立てる上での参考にしてください。

また私は月の始めに、その月の勉強計画表を作っていました。
その月に勉強する分野の参考書の該当分野の問題数を調べ、1日に何問ずつ解けば良いかの目標を計画表にメモしました。

具体的には、4月に完璧にする極限の参考書の問題数が57問なので、1日5問ずつ解き進めると計画表にメモしておきます。

毎日どれだけ進めれば良いかが一目瞭然なので、この計画表は数学で特に役に立ちました。
英語については毎日1講ずつスタディサプリの講座を受講しました。

また、どの科目を勉強するかは曜日ごとに変えました。
私の場合は
【月曜】数学、英文法(スタディサプリ)、化学(スタディサプリ)、古文
【火曜】数学、英文読解(スタディサプリ)、生物、現代文
【水曜】数学、英文法(スタディサプリ)、化学、漢文
【木曜】数学、英文読解(スタディサプリ)、生物、現代文
【金曜】数学、英文法(スタディサプリ)、化学(スタディサプリ)、古文
【土曜】現代文、倫理・政治経済、小論文、英作文
【日曜】模試、模試のない日は好きな勉強をする
という具合で計画をたてました。

また1日の始まりにその日に勉強することを書き出すこともしました。
そうすることでその日になにを勉強するかがより鮮明になり良かったです。

計画を立てたら次は具体的にどう勉強するかです。

自宅浪人中の勉強の仕方

具体的にやったことは、
新しい参考書を解き進めること
これまで解いた参考書の復習
スタディサプリ(英語、化学、古典)
Z会の添削問題
です。

私は主に参考書とスタディサプリでインプットし、問題集とZ会と模試でアウトプットしました。

インプットは参考書を読んだり、授業を聞いたり、情報を頭に叩き込む作業、アウトプットは実際に問題を解いたり、覚えたことを本当に覚えているか吐き出して確認する作業です。

特に理科の場合、インプットの方法は参考書一冊(一部)を丸暗記することです。
医学部受験で滅多に出題されない箇所を除き、参考書一冊を完全に頭に叩き込みます。
例えば化学で沈殿生成反応といわれたら沈殿生成反応が書かれたページ、生物でしつがい腱反射といわれたらしつがい腱反射が書かれたページの映像が頭の中に浮かぶくらい、何度も何度も同じ参考書を読み込みます。

読むだけでは覚えられませんから、アウトプットとして問題集を解くことで知識を定着させていきます。
その積み重ねで暗記をします。

また参考書だけでは理解が難しい化学の分野(蒸気圧や溶解度積など)は、スタディサプリの化学を受講することで理解しました。

英語については自宅浪人中、自由英作と英単語の他はスタディサプリしかやっていません。

文法についてはスタディサプリの関先生の文法の授業を見て、テキストの問題が解けるようになるまで復習しました。
読解については肘井先生の英文読解を予習して授業で読解の分からなかった箇所や、先生が挙げるポイントを覚え、復習として講義で扱った英文を10回音読しました。

スタディサプリについて詳しくは別の記事、
スタディサプリを1年間受講してみて(受験3年目)
をご覧ください。

>>スタディサプリのホームページ

数学はあまり得意ではなかったのでアドバイスが出来ませんが、理科や英語に関してはこれで十分でしたし苦手な数学をカバーできるだけの学力も備わりました。

私が受験していた頃はスタディサプリに理系数学がありませんでしたが、今は数学Ⅲもスタディサプリでリリースされています。
数学に関してもスタディサプリで基礎を学び、チャート式、本質の開放、もしくは下記でご紹介する参考書で勉強されると良いと思います。

自宅浪人とはいっても今はネットで格安で授業が受けられる時代ですし、良い参考書もたくさんあります。
計画を立てて勉強すれば予備校に通う以上に成績が伸びると思います。

科目別に去年1年間でやった参考書をざっと書いておくと、以下のような感じです。

二次試験対策

・数学
細野真宏極限が本当によくわかる本
微分が本当によくわかる本
積分〈計算〉が本当によくわかる本
ベクトル〈平面図形〉が本当によくわかる本
ベクトル〈空間図形〉が本当によくわかる本
数と式〈整数問題〉が本当によくわかる本
志田晶の 行列・1次変換・いろいろな曲線が面白いほどわかる本
新こだわって!国公立二次対策問題集数学  微分・積分入試基本編
同 ベクトル
同 数列(一部)
ハッとめざめる確率
河村邦彦の医学部に合格する数学徹底演習
Z会医学科コース添削問題

・英語
DUO(1週だけしてあとはリスニング用に聞くだけ)
英単語ターゲット1900
スタディサプリ ハイレベル英文法
スタディサプリ スタンダードレベル英文読解
スタディサプリ ハイレベル英文読解
スタディサプリ トップレベル英文読解(12~24講のみ)
スタディサプリ 名古屋大学対策講座(長文のみ)
スタディサプリ 東北大学対策講座(長文のみ)
スタディサプリ 九州大学対策講座(長文のみ)
英作文ハイパートレーニング 自由英作文編
ドラゴンイングリッシュ
Z会医学科コース添削問題

・化学
スタディサプリ トップ&ハイレベル化学~理論編~
大学受験Doシリーズ 福間の無機化学の講義
大学受験Doシリーズ 鎌田の理論化学の講義
鎌田真彰の化学有機化学―合格点への最短距離
Z会医学科コース添削問題

・生物
生物Ⅰ 合格39講
生物Ⅰ 問題集合格139問
生物Ⅱ 合格33講
生物Ⅱ 問題集合格133問
Z会医学科コース添削問題

センター試験対策
・数学
スタディサプリ センター対策講座
センター予想問題集(東進、駿台、Z会)

・英語
スタディサプリ センター対策講座(文法のみ)
スタディサプリ センター直前対策講座(文法のみ)
センター予想問題集(駿台、河合、Z会)

・化学
センター予想問題集(駿台、河合)

・生物
センター予想問題集(駿台、河合)
演習編 きめる!センター生物I

・現代文
スタディサプリ センター対策講座
センター予想問題集(駿台、河合、代ゼミ)
漢字元

・古文、漢文
スタディサプリ センター対策講座
スタディサプリ 古文~文法編~
スタディサプリ スタンダードレベル古文~読解編~

・倫理
スタディサプリ センター対策講座
蔭山のセンター倫理 (大学受験Nシリーズ)
ベストセレクションセンター試験倫理重要問題集

・政治経済
スタディサプリ センター対策講座
センター試験政治・経済集中講義
ベストセレクションセンター試験政治・経済重要問題集

センターの過去問や予想問題集について、なにを何回やったかは、
センター試験直前期の成績推移の記事をご覧下さい。

スタディサプリについて詳しくは別の記事、
スタディサプリを1年間受講してみて(受験3年目)
をご覧ください。

>>スタディサプリのホームページ

予備校と自宅浪人の比較

予備校と比較した自宅浪人のメリットはインプットの時間を短縮して、アウトプットの時間を増やせることになると思います。

予備校の授業にはたくさんの無駄があります。
例えば知っている知識でも早送りできないということ。
自宅浪人なら、参考書であれば知っている箇所は読み飛ばし、映像授業なら早送りが出来ます。

他にも、先生が長い板書を書く、それを生徒が待つ、そして生徒が板書をひたすら写す、それを先生が待つという時間。
科目によっては授業の時間の半分近くがこの無駄な時間だと思います。

ただでさえ長時間勉強をしないといけない医学部受験生なので、無駄な時間は極力減らしていくべきだと思います。

この点、自宅浪人であればそういう無駄な時間はありませんし、例えばスタディサプリであれば先生が板書している時間は飛ばせますし、多くの授業が1.4倍速で再生することが出来ます。

逆にデメリットは、切磋琢磨する相手がいないことでしょうか。
身近なところにライバルがいた方が良いのは確かだと思います。ライバルと競い合えばさらにやる気を出して勉強をするという好循環が生まれます。

そういうことが自宅浪人では出来ないので、モチベーションの維持ややる気の出し方は課題かもしれません。

>>2017年も医学部合格者多数!成績が上がらなければ全額返金

勉強する場所

私は集中して勉強できる時間の限界が4時間でした。
なので、4時間図書館、4時間ファミレス、4時間家というふうに1日に何回か場所を変えて勉強しました。

どうしてもだらけてしまうので、ずっと家で10時間以上勉強するのは無理だと思います。
毎日どこかしら外には出かけたほうが良いでしょう。
こうすることで私は毎日少なくとも10時間は毎日机に向かっていました。

図書館が家の近くにない場合は、4時間カフェ、4時間ファミレス、4時間家などでも良いと思います。
場所を変えるとそれだけお金はかかりますが、気分がリフレッシュできるので必ず変えたほうが良いです。

ところでファミレスやカフェで勉強する場合は、必ずお店には気を使いましょう。
私は、待っている人がいるなら帰る、週末の夜やお昼時など混んでる時間帯はなるべく行かないなどの配慮はもちろん、消しゴムのカスを紙ナプキンで包んでおくなりゴミ箱に捨てるなりして、お店側に喜ばれるお客さんになるよう心がけました。
店員さんに優しくすれば店員さんも自分に優しくしてくれます。
店からすれば迷惑な客かもしれませんが、そういう姿勢で使うことで、こちらとしても気持ちよく、また気兼ねなく勉強することが出来ました。

家で勉強する場合のテクニックとして、音楽を流すか、youtubeのカフェの雑音をBGMとして流しながら勉強すると良いかも知れません。
人は無音より多少の音があった方が集中できると聞いたことがあります。
また、私の場合、音楽を流すと音楽に集中していまうので、カフェの雑音というBGMを聞きながら勉強することで、適度な緊張感を保って勉強することが出来ました。

ただ私の場合、家ではあまり勉強はできませんでした。
なので家ではスタディサプリで英語や化学の映像講座を見ていることが多かったです。

スタディサプリについて詳しくは別の記事、
スタディサプリを1年間受講してみて(受験3年目)
をご覧ください。>>>>スタディサプリのホームページ

休みの取り方

4月~10月までは月2~3回、11月~12月は月1回、1月は休み無しで2月は1回という休みの取り方をしました。私は少しでも休むと勘が鈍るタイプでしたので、あまり積極的に休みは取らないようにしていました。
参考書を一度も開かなかった日は、去年1年間で3日あるかないかだと思います。

ただし、短期間で勉強をしすぎて、反動で長期間だらけるのも良くないと思うので、早い段階でご自身の良い休みの取り方を模索してください。

人によっては夏に1週間連続した休みを取ったとしても、週1で休んだとしても受かる人は受かりますから、自分なりの限界を見つけて休みのペースを確立されると良いと思います。

モチベーションについて

私の経験談としては、自宅浪人での1年間は特にやる気に満ち溢れているということはありませんでした。
もちろん、医師になりたいという想いは人一倍強かったと思いますし、その為に医学部入りたいという気持ちも強かったです。
ですがやる気を1年間持ち続けるのは難しいと思います。

そんな時私は、やる気がない自分に対して何かしようとは思いませんでした。
社会人経験者はこの気持ちが分かると思いますが、誰だってその仕事が好きだとしても、常にやる気に満ちている訳ではないと思います。

月曜日の朝は憂鬱だし、行きたくないと思いながらも職場に向かってしっかり仕事はします。
受験勉強だって同じです。
常に受験勉強に対してやる気満々である必要はありません。
ただ、毎日朝起きて、図書館なり予備校なりに行って、そして計画表に沿って毎日の勉強をこなしていけば、やる気がなくても成績は上がります。
やる気がなくても勉強さえすれば良いのですから、割り切って嫌でも勉強すればやる気は関係ないと思います。

私の場合、少しでもやる気を出すためにドラマ(ERや医龍)を見たりしていましたが、何よりも大切なのはやる気より机の前に座っている時間の量だと思います。

>2017年も医学部合格者多数!成績が上がらなければ全額返金

当ブログ人気記事

合格までのおおまかな軌跡

これから医学部受験を始める方へ

スタディサプリを1年間受講してみて(受験3年目)

自宅浪人を1年間してみて(受験3年目)
↑宅浪時の勉強計画などが書かれています。

模試成績推移